建築の値TOP | 住宅の価格 | 建材の値段 | 設計の価値 | 職人の値 | 現場の代 | 分離発注の値打 | オープンシステムの記事 | オープンシステムの雑誌


建築の - 住宅の価格

2004年4月9日(金)

水道料金水道料金


水道料金


家内の広島の実家では、ずっと水道料金の請求が高かったようです。2ヶ月まとめて使用量が70トン、請求額は5万円を超えてます。高齢者3人だけの家なのに、1日1トンもの水を使う事があるのでしょうか?

これは変だ、ということで近くの水道業者さんに調べてもらったところ、2階に上がる配水管が水漏れしていることが判りました。修理してもらった結果、70トンが30トンに激減、一件落着しました。

でも、本当に水漏れだけでこんなに増えたのでしょうか?もしかしたら、止水栓の計量メーターが壊れていたという事もあるかも?

水道局の人がやってきました。
水:『水漏れがあれば検針の時に必ず判ります』
私:『じゃ、減った40トンは何だったんですか?』
水:『判りません』
私:『水漏れ分は何か他で返金してもらえますか?』
水:『できません』
私:『じゃ、工事にかかった費用は?』
水:『なんともできません』

水道局はそうなんです。止水栓までが責任の範囲。宅内で何が起きようとそれは工事の問題で、水道局はメーター通りに請求するのみなんですね。水漏れは施工した工事会社の瑕疵だけど、それを不当な水道料金請求という事故については、工事会社は負担しないでしょう。

給排水工事の工事会社は施工に責任をもって行いますので、こういった事故の場合、治してくれるでしょうが、そのために生じた2次災害などについてはなかなかもめる部分です。オープンネットの補償は事故と認められる場合、そういった2次災害で生じる修復工事も対応しています。建築主の直営工事、工務店不在の工事なのでとても重要な問題なので、このあたりの安心感は確保しておきたいですね。

住宅の価格
     (その他の体験ブログ)
  住宅版エコポイント
  中間コスト New!
  県産材助成金
  プロトタイプ住宅
  補強梁(やすめ)
  外張り断熱
  水道料金
  引越し
  壁のu単価
  工事請負金額と実行予算
  ユ二キュ一ブ
  フリーウッド
  住宅展示場が最大の販促手
  ハウスメーカーとホームビ
  住宅産業の現状