建築の値TOP | 住宅の価格 | 建材の値段 | 設計の価値 | 職人の値 | 現場の代 | 分離発注の値打 | オープンシステムの記事 | オープンシステムの雑誌


建築の - 設計の価値

2004年4月19日(月)

大学とのコラボ大学とのコラボ


大学とのコラボ


社長が高専とのコラボレーションに取り組むことになりました。オープンシステムの現場を丸ごと教材にするたくらみです。おもしろいことになってきましたよ。これは是非とも参加したいです。

高専でこのコラボに参加者を募ったら13名もの学生の応募があったとの事。学生もこんな実践ができるチャンスめったにないから、応募して正解です。計画した家が実際に建ってしまうのですから、すごい体験ですよ。それを学生の頃から体験できるのですから、将来のためになるはずです。

施主さんは、高専から5分のところに住まわれている農家です。ゆえに打合せは屋外の方が良いそうです。畑で、木陰で、農作業の手を休めた施主さんと、十数名の若者たちと、教授と社長と集まってプランを練っている光景を想像するとなんだか楽しくなりませんか?ましてや打合せしているのは、オープンシステム現場です。これからいろいろな職人さんたちがいろいろな気持ちでたたいて作り上げてく現場です。

現場がオープンであることは、いいことです。いろんな人たちを受け入れられます。また関係者はそれぞれに思ったことを言えます。思ったことを言ってると、我がままな発言があるにせよ、ここがまずいというところが見つかります。誰かの責任になるにせよ、改善しようという方向に進めます。学生から見た実際の現場は、すごいとうつるのでしょうか?はたまた、たいしたことやってないじゃん、とうつるのでしょうか?大人たちは、思っても見なかったことを逆に教えられるのではないでしょうか?

設計の価値
     (その他の体験ブログ)
  ホームシアター New!
  スタディー模型
  構造模型
  既存宅地申請
  JWCの勉強会
  細長い敷地
  7つのプラン
  敷地調査
  本日は現場調査です
  大学とのコラボ
  築50年の広島の民家