建築の値TOP | 住宅の価格 | 建材の値段 | 設計の価値 | 職人の値 | 現場の代 | 分離発注の値打 | オープンシステムの記事 | オープンシステムの雑誌


建築の - 現場の代

2009年8月17日(月)

建方建方

お清めお清め

1階軸組終了1階軸組終了

屋根垂木取付屋根垂木取付

へいぐしへいぐし


建方


米子のほうでは、建前ともいいます。柱や梁、垂木を組んで、家の骨格を形づくる作業のことです。大抵は大安吉日を選んで、一日で一気に屋根組みまで終わらせます。

朝8時から開始です。建物の四方に
・酒
・米
・塩
・梅干
・煮干(御頭付)
などのものを置き清めます。
その後、建築主が用意された大神酒を皆で飲んでから建方開始となります。

建前の日は大工さんが7〜8人現場に入りますから、恐ろしいスピードで家が組みあがっていきます。10時の休憩の頃には1階の柱や桁組みが終了しています。

夏の建前などは、10時の休憩でもかなり気温が上がってくるので、冷たい飲物など用意されたほうが良いです。

12時の昼食の頃には2階の軸組みに取り掛かっています。2階床には構造用合板が貼られていますので、下はちょっと開放的な小屋みたいな感じで、涼みながら昼食を採ることができます。

建方は儀式的な意味合いもあり、昼食は建築主が用意されることが多いです。

昼1時から3時の休憩までの間で、早い場合は小屋組みまで、遅くとも2階の軸組みは終了します。

屋根垂木を架け、構造用合板を貼り終わる頃には、5時近くまで経っています。これ以降、餅まきをされるかどうかは建築主の好みです。もしされる場合は、
・野菜(2〜3種類)
・果物(2〜3種類)
・魚(鯛)
・米
・酒
などの用意が必要です。

建前終了時には、大工さんたちへのご祝儀を振舞うのが一般的です。お土産やお酒、お礼など品物や金額はまちまちのようです。

現場の代
     (その他の体験ブログ)
  屋根下地
  新築祝い New!
  地鎮祭
  地縄張り
  水盛遣方(丁張)
  ジオクロス
  くい打ち
  仮設トイレ
  建方
  コンテナ
  ハウスクリーニング