建築の値TOP


建築の - 車尾の住宅
2004年11月1日(月) 解体工事開始

解体工事が始まりました。

山中設計では、現場の進捗状況を『現場実況中継』という形でHPで紹介しています。
http://www.open-net.co.jp/yama/6.gennba/gennba%20top.htm

プライバシーに関する記述は極力控えさせていただきます。
このような形でU邸も掲載するようにして良いでしょうか?


@棟の解体から開始

本日は、@棟の内部のこまごまとした雑品、サッシ、木製建具などを現場分別して、このトラックにて運び出す作業でした。翌日は瓦の降ろし、次に壁の解体、重機による構造材の解体という手順で進むそうです。
解体工事主任の小原さん

解体工事主任の小原さんです。現場の指揮は全てこの人が取るとの事です。何か問題がありましたら小原さんに指示してもらっても結構です。今日は彼も含めて5人で作業されていました。ブロックの解体中止も伝えておきました。
船原設備の高柴さん

本日、仮設水道の設置をしてもらいました。
量水器から側溝に一旦引き出して、側溝沿いに東側の角に仮設水道を立ててもらいました。電話でも確認しましたが、お隣のブロック塀のビス穴は仮設撤去の際にモルタルで補修してくれるそうです。仮設費用は、本工事に含めて良いということですが、どうでしょうか?
荒松植木さん

ご存知だと思いますが、現場に入られる業者さんの顔写真をUPすることになっていますので、その旨お話したら快く撮らせてもらえました。『1本だけだけだけど、施主さんがやられるとなるとそれも大変でしょうから、やっつけちゃいますよ』との事でした。ただ、重機が無いので根までは撤去できないということで、これは黒井田さんにお願いしなければなりません。
黒井田重機の吉田さん

吉田さんも捕まえて写真を撮りました。本日は、先日近隣挨拶で廻りきれなかったお宅を廻られていました。床の間の板と柱は解体時にうまいこと残してくれるよう小原さんに指示されていました。


←前へ 車尾の住宅 topページ 次へ→


 11/01 解体工事開始
 11/02 @号棟の瓦降し
 11/03 足場・養生ネット取付
 11/04 重機解体開始
 11/05 @号棟解体終了
 11/06 残土・ガラ
 11/08 A号棟解体開始
 11/09 A号棟重機解体
 11/10 A号棟解体終了
 11/11 B号棟解体
 11/12 C号棟の解体
 11/13 D号棟の解体
 11/15 基礎の撤去作業開始
 11/16 基礎解体、残処理
 11/17 解体工事終了
 11/19 国交省境界立会い
 12/20 擁壁工事開始
 12/21 床堀・砕石敷き
 12/22 U字溝設置
 12/23 ブロック積み
 12/24 擁壁工事完了
・・・・・
車尾の住宅 topページ